保健師の給料ってどれくらい?



保健師の給料は勤務先や年齢、 そして実務経験の年数によって人それぞれ大きく違っています。 例えば一般企業に雇用されている産業保健師の場合は 年収が500万円以上で月収は30万円以上の高収入のところが多いようです。
保健師の転職に強い求人サイトは?

高収入の職場があるのに対し、看護師から保健師へ 20代で転職した人は年収が300万程度と やや低めになっていたりと差は歴然です。 他にも、実務経験が豊富で年齢にもよりますが 年収700万円以上もらえている保健師もいるようです。

しかし全体的にみても保健師の給料は他に比べたら 高収入だと言えると思われます。 特に、上場企業で正規雇用されてば高収入が見込めるそうです。 保健師が活躍できる職場は多いですが、行政保健師や 学校保健師よりも産業保健師が一番高収入を狙えるようです。

それもそのはず、産業保健師はその企業の給料の水準に合った給料がもらえるため、 上場企業で大手であればあるほど給料は高くなっていくのです。 月々の給料以外で支払われるボーナスについても 企業の水準となりますので、大手企業なら それなりの額が期待できるのです。

そのような理由から、保健師志望の人の多くが 産業保健師を目指しているようです。 給料が良いという他にも産業保健師にはメリットがたくさんあります。 メリットが多い分、とても人気であり、 求人が出された瞬間に応募が殺到することが多いようです。

人気の理由は様々ですが、初心者など実務経験のない人でも 応募できるというところも応募が殺到する原因だと思われます。 企業にもよりますが。数人雇っているところもありますが ほとんどの場合が1人枠であるため狭き門なのです。

保健師の就業先の多くが保健所や病院などと なっているように、求人数も多くはないようです。 そのため、人気の求人情報をいち早く手に入れるためにも 転職支援サービスのサイトを利用してみることをおすすめします。

専属のコンサルタントを配置しているサイトも有り、 求人先企業の詳細を聞けるのはもちろんのこと、 小論文や履歴書の書き方まで教えてくれるところもあります。 高収入を得たいのならば是非転職支援サービスを使ってみてください。

保健師の転職「30歳代」

保健師の転職は、看護師などと比べて狭き門だと言われています。 とはいえ、ケースや年齢によってその難易度や意味合いも変わってくるでしょう。 ここでは、30歳を越えた保健師の転職シーンについてお話しします。

保健師としての経験を積み、若手から中堅どころに成長した 30歳代の転職シーンでは、その傾向も個人差が生じています。 これまでの保健師としての活躍や経験に差が生まれ始めている分、 転職が優位になるケースとそうでないケースとで二分されてしまうタイミングでもあるのです。

まず、30歳代までの職歴を見返してみてください。 転職経験はこれまでにございますか?もしもある場合、その頻度にも注目しましょう。 これは保健師に限ったことではありませんが、何度も離職や転職を 繰り返すことはあなた自身のイメージをダウンさせる要因になってしまいます。

また転職を繰り返すことで、事実なんの経験にもなっていないケースは珍しくありません。 どの仕事でも、きちんと覚え一人前になるためにはある程度の時間を要します。

転職で職場を変えているのであれば、一つの場所で業務を極める前にやめてしまっていることもあるでしょう。 結果、様々な経験をしたかもしれませんが、キャリアとして何も 残っていないのであれば転職活動を踏み止まった方が賢明でしょう。

逆に、転職を経験していない場合、この度の転職は大きな転機となる可能性があります。 長く一つの職場で働いてきた、ということは、それだけ多くの事を学び、即戦力として期待出来る人材でもあります。 また「すぐにやめてしまう事はないだろう」というだけでも、大きな長所となります。

中途採用はキャリア採用とも言い換えることができます。 これまで堅実にキャリアを積み上げてきた30歳代の保健師は、 まさしくキャリアを活かした転職を叶えることが出来るでしょう。

このように、30代になると転職の優位度も大きく左右されてきます。 あなたのこれまでの経験を活かした、本当の意味でのキャリア採用を叶えることができれば、 この度の転職が大きな転機となってくれるかもしれませんね。 ご自身のケースを当てはめて、転職活動の参考にしてみてください。

保健師の転職「40歳代」

中途採用とは、別名でキャリア採用とも呼ばれています。 それまでの保健師としてのキャリアを活かし、より自身を高める転職活動を目指したいですね。

また雇い入れる採用側にとっても、優秀で経験豊富な人材を即戦力として採用したい思いがありあます。 そのため、20代などの若い保健師に比べ30代以降の保健師は、 本当の意味でのキャリア採用が叶う転職に絶好の年齢だと言えるでしょう。

とはいえ、30代も終わり40歳代を迎えることには、事情は異なってきます。 この年齢になってくると、新たなことにチャレンジ出来る時間も限られてきてしまうでしょう。

これまでの経験は豊富かもしれませんが、適応力という面で見た場合、年下の保健師にはかなわない部分もあるはずです。 転職に絶好な年頃を超えてしまった40歳代保健師の転職の場合、採用側もあまり積極的ではないと言われています。 そのぶん、ハードルはさらに高くなってしまうでしょう。

それでも転職を決意した保健師の方には、ぜひ転職支援サービスを行うサイトの利用で 抜かりない情報収集と的確ななアプローチを行うよう心がけてみてください。 上にも書きました通り、40歳代保健師最大の魅力はそのキャリアです。 それまでの経験を、的確にアピールすることが採用を勝ち取る鍵となるでしょう。

ですので、即戦力を求める求人に的を絞ることも成功の鍵となるかもしれませんね。 企業などへの就職で産業保健師を目指す、また保育園や診療所などでの求人を狙うのもお奨めです。

また、40歳代になると保健師として以外の経験も求められてくるはずです。 人の上に立ち、大きな責任を負うなどの経験は、若い保健師にはない武器であるはずなのです。 逆にこれらキャリアを持ち合わせていない場合、この度の転職は踏み止まった方が賢明かもしれません。

初歩的なことですが、転職活動のポイントは情報収集とアピール方法です。 年齢的な不利を払拭し、希望の応募先に採用をもらうためには、 転職サイトなどの無料サービスをフルに活用するべきでしょう。